【勝武士(しょうぶし)プロフィール】糖尿病の既往症?コロナ症状や経過・感染経路は?若いのになぜ?

新型肺炎/コロナウィルス

28歳力士、勝武士幹士(しょうぶしかんじ)さんが、新型コロナウイルス感染による感染症で死去したとの衝撃のニュースが流れてきました。

日本国内で20代の新型コロナ感染者の死亡が報告されたのは初めてだということです。

まだ若いのに本当に残念です。

今日は、

・勝武士死去のニュース
・勝武士のプロフィール
・勝武士の症状/経過/感染経路/死因は?
・若いのになぜ?
・糖尿病の既往症あり?
・相撲協会理事のコメント
・世間の声は?
をお伝えします。
スポンサーリンク

【勝武士 幹士】新型コロナで死去のニュース

新型コロナウイルスに感染した28歳力士の勝武士 幹士さんが死去されたニュースです。

日本相撲協会は、先月、新型コロナウイルスに感染し入院していた大相撲の高田川部屋に所属する三段目の勝武士が13日新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため東京都内の病院で亡くなったことを発表しました。28歳でした。大相撲で新型コロナウイルスに感染した力士が亡くなったのは初めてです。

亡くなったのは、高田川部屋に所属する三段目の勝武士、28歳です。

日本相撲協会によりますと、勝武士は、発熱やけん怠感のほか息苦しさなどの症状を訴え、先月8日から都内の病院に入院し、その後、新型コロナウイルスに感染していることが確認されていました。

その後、症状が悪化して、先月19日から集中治療室で治療を続けていました。

日本相撲協会によりますと、13日午前0時半に新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため東京都内の病院で亡くなったということです。

大相撲で新型コロナウイルスに感染した力士が亡くなったのは初めてです。

勝武士は、去年2月に行われたNHK福祉大相撲で相撲の所作や禁じ手などを力士2人がユーモアを交えて実演する「しょっきり」を披露し、会場を沸かせていました。

NHKニュース

スポンサーリンク

【勝武士 幹士】プロフィール(本名・顔写真・身長・体重)

新型コロナウイルスで亡くなった力士、勝武士 幹士さんのプロフィールです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NoticiasNippon(@noticias_nippon)がシェアした投稿

名前 勝武士 幹士 (しょうぶし・かんじ)
最高位 三段目 11
本名 末武清孝(すえたけ・きよたか)
生年月日 平成3年11月4日(28歳)
出身地 山梨県甲斐市 → 山梨県甲府市
身長 体重 166センチ 111.2キロ
所属相撲部屋 高田川
改名歴 勝武士 太郎 → 勝武士 清孝 → 彈丸 一風 → 勝武士 幹士
初土俵 平成19年3月
得意技 突き押し
スポンサーリンク

【勝武士 幹士】新型コロナウイルスの症状/経過/感染経路/死因

勝武士 幹士さんが新型コロナウイルスに感染し、死去するまでの経過はどのようなものだったのでしょうか?

また新型コロナウイルスの感染経路はどこからで、死因は何だったのでしょうか?

症状と経過

相撲協会の発表によると、保健所や病院、さらには救急車もなかなか対応してもらえず、対応が遅くなり、重症化してしまった経緯がありました。

▽4月4、5日
38度台の発熱。師匠らが保健所に電話をかけ続けたが、つながらず。

▽4月4~6日
近隣の複数の病院に依頼したが、受け付けてもらえず。

▽4月7日
近隣の医院にも相談したが、医療機関は見つからず。

▽4月8日
熱が下がらず血痰(けったん)が見られたため救急車を呼んだが、なかなか受け入れ先が決まらず、夜になって都内の大学病院に入院。簡易検査の結果は陰性。

▽4月9日
状態が悪化し、別の大学病院へ転院。

▽4月10日
PCR検査で陽性と判定。

▽4月19日
状態が悪化し、集中治療室で治療を受ける。

▽5月13日
午前0時30分、都内の病院で死去。

ニッカンスポーツ

感染経路

勝武士 幹士さんの感染経路は、現在のところ報道されていません。わかり次第追記します。

死因

勝武士 幹士さんの死因は、コロナウイルス性肺炎による多臓器不全と発表されています。

 

多臓器不全とは・・・
身体にとって重要な複数の臓器が障害されて働かなくなり、生命維持に重大な障害を及ぼす状態です。死因に多臓器不全と記載されることが多いですが、肝不全、腎不全、呼吸不全、心不全などを合併したときに用いられることが多いです。
難病情報センター

 

スポンサーリンク

【勝武士 幹士】若いのになぜ?

勝武士 幹士さんはなぜ若いのに新型コロナウイルスで死去するまで悪化してしまったのでしょうか?

報道によると、新型コロナウイルスの対応で病院や保健所がひっ迫していて、速やかな対応ができなかったことにより重症化してしまったのではないかと伝えています。

4月頭の東京都内の新型コロナウイルスの感染者数は1日に100人、勝武士 幹士さんの具合が悪化した4月10日あたりは、200人と1日の感染者数としては最多近くの感染者を出していた時期で、保健所や病院は迅速に対応ができなかった時期です。

日本相撲協会の発表によりますと、亡くなった勝武士が感染した時期は、東京都内の保健所や医療機関がひっ迫した時期と重なり、速やかな検査や治療ができなかったということです。

NHKニュース

 

スポンサーリンク

【勝武士 幹士】糖尿病の既往症があった?

2016年の記事で勝武士 幹士さんが糖尿病の低血糖障害で取り組みができず、不戦敗になったことがあるというニュースがありました。

新型コロナウイルスは他の病気と併発すると重症化しやすいと言われています。糖尿病が悪化の原因になったかどうかは明らかではありませんが、勝武士 幹士さんは糖尿病を患ったことがあったようです。

4日目の三段目の取組で、珍事が起きていた。西54枚目の勝武士(24=高田川)は土俵下の控えで全身が紅潮して手が震え、取組直前で異例の不戦敗。審判で異変に気づいた峰崎親方(元前頭三杉磯)から「相撲は取れるか」と聞かれると「できれば、このまま帰りたいです…」と訴えた。相手の朱鷺ノ若も「審判の親方から『不戦(勝)だよ』と。ビックリした」。峰崎親方も「初めてだよ」と驚きを隠さなかった。

原因は2年前に患った糖尿病による低血糖障害だった。当日は取組前に「エナジードリンクとチョコ」を摂取したが、薬は飲んでいなかった。定期通院しておらず、自己管理不足がたたった。駆け付けた師匠の高田川親方(元関脇安芸乃島)からは「野菜を多めに取るとか、自分で考えてやらないとダメ。プロだから」と諭された。朝稽古前は食事しないのが角界の通例だが、特例も認めるという。

ニッカンスポーツ

スポンサーリンク

【勝武士 幹士】新型コロナで死去で、相撲協会理事がコメント

相撲協会の八角理事長は、現役力士である勝武士 幹士さんの訃報を受け、「粘り強く戦った」とコメントしました。

現役力士の訃報を受け、相撲協会の八角理事長はコメントを発表。「この度の悲報に接し、協会員一同、心より哀悼の意を表します。ご遺族の皆様方のご傷心を察しますと、お慰めの言葉も見つかりません」とつづった。

「1カ月以上の闘病生活、ただただ苦しかったと思いますが、力士らしく、粘り強く耐え、最後まで病気と闘ってくれました。今はただ、安らかに眠ってほしいと思います」と述べ、「懸命の措置をしてくださいました医療機関の皆様には、故人に代わり、深く感謝申し上げます」と結んだ。

 

スポンサーリンク

【勝武士 幹士】世間の声は?

まだ若い現役力士が新型コロナウイルスで死去したことに、世間は何と言っているのでしょうか?

新型肺炎/コロナウィルス
スポンサーリンク
carrieをフォローする
ママのお役立ち情報を発信中 きゃりーのママライフハック
タイトルとURLをコピーしました