【蕨市立病院コロナ感染】新生児の症状は?場所/住所は?院内感染の可能性や感染者は何人?

新型肺炎/コロナウィルス

埼玉県蕨(わらび)市の蕨市立病院で、産後の女性と男の子の赤ちゃんが新型コロナウイルスに感染しているというニュースが流れてきました。

新生児ということでまだ抵抗力もなく心配ですよね・・・。

また産後のお母さんも産後すぐは本当にしんどいのにさらに新型コロナにかかり育児もままならないと思います。

今日は、

・蕨市立病院で新型コロナのニュース
・蕨市立病院の場所/住所
・蕨市立病院からのお知らせ
・赤ちゃんと母親の症状
・蕨市立病院の対応
・世間の声

をお伝えします。

 

スポンサーリンク

【蕨市立病院コロナ】病院で新型コロナ発生のニュース

埼玉県蕨市の蕨市立病院で新型コロナウイルスの感染が発生したというニュースです。

埼玉県とさいたま市は、新生児の男の子を含む合わせて15人が、新たに新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表しました。

このうち、新生児の男の子は、すでに助産師2人の感染が確認されている埼玉県蕨市の蕨市立病院で産まれたばかりだということです。

母親がのどの違和感などを訴えたため検査を受けたところ、感染が確認され、男の子も検査を受けた結果、母子ともに感染していることが分かったいうことです。

県とさいたま市によりますと、この親子を含めて新たに感染が確認された15人は、いずれも容体は安定しているということです。

NHKニュース

 

 

スポンサーリンク

【蕨市立病院コロナ】わらび市立病院の場所/住所

埼玉県蕨市の蕨市立病院で産後の30代の女性とその赤ちゃんが新型コロナウイルスに感染したということですが、蕨市立病院はどこにあるのでしょうか?

名称:蕨市立病院(わらび)
住所:〒335-0001 埼玉県蕨市北町2丁目12−18

 

スポンサーリンク

【蕨市立病院コロナ】病院からのお知らせ

蕨市立病院で出産した30代女性とその赤ちゃんが新型コロナウイルスに感染したとされていますが、病院からのお知らせはどのようにされているのでしょうか?

ホームページに4月14日付で医院長からお知らせが掲載されていました。

退院患者さんの新型コロナウイルス感染について(4月14日更新)

当院産科病棟から退院された産後の女性とその方の赤ちゃんに、新型コロナウイルスの感染が確認されました。現在、状態は安定しておられますが、御本人、御家族は、大変苦痛を強いられておられることと考えております。お二人につきましては、保健所と協議し適切な施設で経過観察を行う予定となっています。既に、当院2階産科病棟助産師2名の新型コロナウイルス感染が判明していたことから、2階病棟にかかわるスタッフ及び退院患者さんのPCR検査を順次行っており、本日、医師4名、助産師2名の陰性が確認されたところですが、この度のことを受け、明日4月15日(水曜日)から21日(火曜日)までの間、外来診療については、新規患者さんの診療を見合わせ、再診のみの対応とするとともに、救急診療については新規の受け入れを停止させていただくこととしました。皆様には大変ご心配、ご迷惑をおかけいたします。申し訳ないことと思っております。これまでも当院では全職員が検温、手指消毒、マスク着用等標準的な感染対策を実施していますが、今まで以上に感染拡大防止に全力で努めてまいります。

令和2年4月14日
院長 鷲見 禎仁

蕨市立病院ホームページ

スポンサーリンク

【蕨市立病院コロナ】赤ちゃんと母親の症状

産後すぐの女性と新生児の赤ちゃんが新型コロナウイルスに感染したということですが、赤ちゃんの症状はどうなのでしょうか?

ニュースによると、「母親は軽傷、赤ちゃんに症状はない」ということです。

埼玉県は14日、戸田市に住む30代母親と、生まれたばかりの男の赤ちゃんが新型コロナウイルスへ感染していたことが確認されたと発表しました。母親は軽症で、男の赤ちゃんには症状はないということです。

日テレニュース

 

スポンサーリンク

【蕨市立病院コロナ】院内感染なの?

産後間もない30代女性と赤ちゃんがコロナに感染したのは、院内感染なのでしょうか?

まず、蕨市立病院の助産師2人がコロナに感染したことがすでにわかっていて、その後にこの病院で出産した女性と赤ちゃんの感染が今回わかりました。

報道では、院内感染の可能性もあるとしています。

母親は男の子の出産のために、蕨市立病院に入院していましたが、この病院では、これまでに助産師2人の感染が確認されています。埼玉県では、この助産師2人と親子の接触があったかどうかなど院内感染の可能性もあるとみて感染ルートを調べています。

日テレニュース

また蕨市立病院からお知らせにも、1人目の助産師の後に2人目の助産師の新型コロナウイルス感染が確認された時、1例目との関連を否定できないと判断と発表し、院内感染の可能性を示唆しています。

当院助産師の新型コロナウイルス感染について(4月11日)

4月10日、金曜日夜間に、当院2階産科病棟の助産師が、新型コロナウイルスに感染したことが判明いたしました。助産師は4月8日(水曜日)が最後の出勤で、帰宅後、発熱症状を認め、その後、出勤はしておりません。当院助産師の感染判明は2例目であり、1例目との関連を否定できないと判断し、感染拡大防止のため、医師、産科病棟スタッフ、入院されていた方等へのPCR検査を行うとともに、当面の間、産科業務(病棟・外来)を停止いたします。尚、婦人科業務を含む他の科の業務は継続します。皆様には大変ご迷惑をおかけいたします。現在、感染拡大防止に全力で努めているところです。

令和2年4月11日
院長 鷲見 禎仁

スポンサーリンク

【蕨市立病院コロナ】母子感染なの?

新生児の赤ちゃんが新型コロナに感染したということですが、母子感染の可能性はあるのでしょうか?

母子感染とは・・・

何らかの微生物(細菌、ウイルスなど)がお母さんから赤ちゃんに感染することを「母子感染」と言います。母子感染には、赤ちゃんがお腹の中で感染する「胎内感染」、分娩が始まって産道を通る時に感染する「産道感染」、「母乳感染」の3つがあります。

埼玉県結婚・妊娠・出産・子育て応援サイト

現在のところ、母子感染に関する報道はありませんでした。何か情報がわかりましたら追記します。

スポンサーリンク

【蕨市立病院コロナ】感染者は何人?

結局、蕨市立病院での感染者は何人なのでしょうか?現在のところ4人だと報じられています。

・助産師2人
・出産した30代女性
・新生児の男の赤ちゃん
スポンサーリンク

【蕨市立病院コロナ】外来はどうなる?

新型コロナウイルスの感染が確認された蕨市立病院で外来業務は行なっているのでしょうか?

病院からのお知らせで「4月15日(水)〜4月21日(火)まで外来診療を中止し、再診のみの対応」とすると伝えられています。

明日4月15日(水曜日)から21日(火曜日)までの間、外来診療については、新規患者さんの診療を見合わせ、再診のみの対応とするとともに、救急診療については新規の受け入れを停止させていただくこととしました。

蕨市立病院ホームページ

 

産科に関しては、当面の間業務を停止するとのことです。

当面の間、産科業務(病棟・外来)を停止いたします。

蕨市立病院ホームページ

スポンサーリンク

【蕨市立病院コロナ】世間の声

産後間もない女性や新生児に新型コロナウイルス感染が確認されましたが、世間ではどのような声があるのでしょうか?

ツイッターの声を集めてみました。

赤ちゃんとお母さんの無事を祈る声や、妊婦さんからの不安な声が聞こえてきます。妊婦さんは本当に心配ですよね・・・。

きゃりー
きゃりー

私も妊娠中に風しんが流行り不安でした。新型コロナウイルスはワクチンも特効薬もないので、さらに不安だと思います。

スポンサーリンク

【蕨市立病院コロナ】まとめ

埼玉県蕨市立病院で出産直後の30代女性と新生児の赤ちゃんが新型コロナウイルスに感染したことをまとめました。

・蕨市立病院で新型コロナのニュース
報道内容を紹介しました。

・蕨市立病院の場所/住所
Googleマップでお伝えしました。

・蕨市立病院からのお知らせ
ホームページ掲載のお知らせを紹介しました。

・赤ちゃんと母親の症状
赤ちゃんは無症状、母親は軽傷とのことです。

・院内感染なの?感染者は何人?
院内感染を否定できないとしています。
現在のところ4人が確認されています。

・世間の声
ツイッターの声を集めました。

 

\今は室内で遊ぶのが安全!/


\検温する機会が多すぎる/

\とりあえず免疫力アップ/

新型肺炎/コロナウィルス
スポンサーリンク
carrieをフォローする
ママのお役立ち情報を発信中 きゃりーのママライフハック
タイトルとURLをコピーしました