ロックダウンとは?オーバーシュートの意味は?クラスターなど新型コロナで多用される言葉を調査!

新型肺炎/コロナウィルス

2020年3月25日に東京都の小池都知事が会見をし、新型コロナウイルス感染爆発を抑える重要な局面だと話しました。

日々、報道で新型コロナウイルス関連のことが聞かれます。

そこで、最近よく聞く、「ロックダウン」「オーバーシュート」「不要不急」「クラスター」の意味は何なのか?

何となくしか分からない言葉の意味をを調べてみました。

 

スポンサーリンク

【新型コロナ】ロックダウンの意味は?

小池知事が会見で使った「ロックダウン」はどう言った意味で使われているのでしょうか?

小池都知事:
事態の今後の推移によりましては、ロックダウンなど、強力な措置を取らざるを得ない状況が出てくる可能性があります。

引用元:FNN PRIME

 

あまり聞きなれない言葉ですが、「ロックダウン」とはどう言った意味なのでしょうか?

wikipediaでは「ロックダウン」をこう定義されています。

ロックダウン(英語: lockdown)とは、公共施設などで、外部からの闖入者に対して内部の人間の安全確保のため建物を封鎖すること。また、人々の勾留、屋外活動を全面的に禁止して監禁することを意味する。また、緊急事態において人の移動や情報を制限すること。

wikipedia「ロックダウン」

今回の場合の「ロックダウン」は、3番目の「緊急事態において人の移動や情報を制限すること。」に当たるのではないかと思います

また、ニュースではロックダウンをこのように説明していました。

“ロックダウン”とは、公共機関や学校、お店などを閉鎖し、国民の行動を制限する「都市封鎖」のこと。イタリアやフランス、アメリカの都市などですでに実施され、大都市から人が消える事態となっている。

FNN PRIME

 

お店や公共施設を閉鎖して、人の移動を制限することが「ロックダウン」だとされています。

 

小池都知事が週末の外出自粛を要請しましたが、一定の効果がなければ強行策ともなる「ロックダウン」をして、強制的にお店や公共施設を閉鎖して人の移動を制限する措置に出るのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【新型コロナ】オーバーシュートの意味は?

小池東京都知事が会見で使った「オーバーシュート」。どう言った意味なのでしょうか?

小池都知事は、「オーバーシュート感染爆発」という意味で使っているようです。

生物学用語辞典では、こう定義されています。

一般には、ある測定値や状態が予測された状態や値よりも大きい側に外れること。

引用元:weblio

わかりやすくいうと、「思ったより大きいこと」という意味で使われているようです。
新型コロナウイルスに関しては、感染者の数が

・「思ったより多い」

・「予測していたより多い」

という意味で使われているのではないかと思います。
スポンサーリンク

【新型コロナ】クラスター

新型コロナウイルス感染拡大が始まってから、よく聞くようになった「クラスター」や「クラスター感染」「マイクロクラスター」

「クラスター」の本当の意味はどう言ったものなのでしょうか?

辞書では「クラスター」をこのように定義されています。

クラスター [2]【cluster】
〔固まり・群れ・房などの意〕

①数えられる程度の複数の原子・分子が集まってできる集合体。個数一〇~一〇〇のものはマイクロクラスターと呼ばれ、特殊な原子のふるまいが見られる。炭素原子だけからなる C90 、 C70 などのクラスターは球状あるいは楕円体状で、かなり安定的に存在する。
②都市計画で、道路や各種建築物を互いに関連させ、一つにまとめた区域。
③コンピューターのディスク装置の記憶領域の単位。一クラスターの物理的な記憶容量はオペレーティング━システムの設定によって変化する。

 

またwikipediaでは「クラスター」をこのように説明していました。

クラスター (疫学) – 疫学、感染症における感染者集団。

引用元:wikipedia

 

もともと、ぶどうの房という意味の「クラスター」

新型コロナの場合は、「感染者集団」という意味として使われているようです。

スポンサーリンク

【新型コロナ】不要不急の意味は?

小池都知事が「週末の不要不急の外出を控えるように」という要請を出しましたが、「不要不急」とはどう言った意味なのでしょうか?

辞書では「不要不急」をこのように定義されています。

重要ではなく、急ぎでもないこと。

weblio

読んで字のごとくなのですが、不要不急は「重要でもなく急ぎでもないこと」という意味です。

ただ、「重要でもなく急ぎでもないこと」の判断は個人に任されるので判断が難しい用事もありますよね。

きゃりー
きゃりー

出来るだけ外出をしないようにということですね。

スポンサーリンク

カタカナ多用でわかりにくい?不安緩和?

「オーバーシュート」「ロックダウン」「クラスター」など多用されることに政治家の河野太郎さんが、わかりにくいと苦言を呈しています。

日本語よりカタカナで「オーバーシュート」「クラスター」「ロックダウン」を使用することで、不安を軽減させる狙いがあるのではないかと言われています。

また聞きなれない新語があれば、追記します!

 

\まだ買える除菌スプレー/

免疫力アップ!

新型肺炎/コロナウィルス
スポンサーリンク
carrieをフォローする
ママのお役立ち情報を発信中 きゃりーのママライフハック
タイトルとURLをコピーしました