日本でも屈指の広さ 名古屋 東山動植物園

子どもと外遊び

昭和12年開園の老舗動物園、東山動植物園。
イケメンゴリラのシャアバーニや「あー!」と叫ぶ声がおっさんみたいと話題になったフクロテナガザルのケイジなど、人気者がたくさんいます。遊園地、植物園も合わせると敷地面積は広大で1日では回りきれないほど。遠くから観光バスで訪れる方も多いです。

スポンサーリンク

広大な面積

敷地面積: 59.58 ha(動物園 32.21ha、植物園 27.37ha
その広さ、東京ドーム約13個分。

地下鉄東山線の東山公園から星ヶ丘駅にかけて敷地が広がっています。
とても1日では回りきれません。

スポンサーリンク

たくさんの動物に会える!

飼育種の数は約550で、日本一です。

東山動物園特有の動物といえば、コアラ。
コアラが来日したばかりの頃は、観覧の行列ができていました。

その他にも冒頭で紹介した、イケメンゴリラや、フクロテナガザルをはじめゾウは多種いますし、一般的に知られる動物はほとんど飼育されています。

スポンサーリンク

料金は中学生まで無料

料金は、中学生までは無料、高校生以上500円。
スカイタワーは高校生以上300円。

動植物園、スカイタワー共通券640円。

市内在住の65歳以上への割引や、団体割引もあります。

 

年間パスポートは2000円と格安なので、
ご近所の方は年パスを買って、公園がわりに行かれる方も多いです。

ふるさと納税で1万円以上寄付すると、返礼品として限定デザインの年パスがもらえるそうです。
(※名古屋市外在住で、1万円以上ご寄附いただいた方が対象です。)

スポンサーリンク

東山スカイタワー

名古屋市制100周年を記念して建てられた展望東山スカイタワー。
展望室は標高180mに位置していて、名古屋の街並みを見渡すことができます。

最上階にはレストランがあり、絶景を眺めながら食事ができます。

スポンサーリンク

小さい子向け遊園地

東山動植物園には小さいですが、遊園地があります。

2歳から保護者と一緒に乗れる乗り物がたくさんあり、
3歳からは一人で乗れる乗り物もいくつかあります。

料金はチケットを乗り物ごと、10枚綴り、フリーパスを購入する方法があり、フリーパスが2000円(※未就学児が使用する場合は付添者1名を無料とし、付添者の交代も自由)ととてもリーズナブルです。

昔からある懐かしの乗り物が今でも現役で動いているものもあります。
小学校低学年くらいまでのお子さんなら十分に楽しめる遊園地です。

スポンサーリンク

園内のレストランが充実

5年ほど前に改装されて飲食店が増え、より利用しやすくなりました。

遊園地によくある遊園地運営のフードコートではなく、
店舗の飲食店が動物園内に支店を出しているので、
食事のクオリティはとても高いです。

また、お弁当を持って来る方も多いので、
屋外にも室内にも飲食できるスペース、が多数用意されています。

スポンサーリンク

開園時間に注意

公共の施設なので、祝日をのぞく毎週月曜日は休園日です。
また、年末年始などの長くお休みがあるので気をつけてください。

営業時間は9:00〜16:45(最終入園16:30)と短めです。
たっぷり楽しみたい方は午前中から行くのをオススメします。

子どもと外遊び
スポンサーリンク
carrieをフォローする
ママのお役立ち情報を発信中 きゃりーのママライフハック
タイトルとURLをコピーしました