子供が生まれたら賃貸の間取りはどうする?メリットデメリットを紹介!

ママが気になる情報

夫婦二人なら、本人たちの希望のみの間取りで何も問題はありませんが、子どもを迎えるにあたって引越しを検討している方も多くいると思います。

子どもの人数や家庭の経済状況にもよりますが、賃貸での間取りでのメリットデメリットを紹介していきます!

スポンサーリンク

1LDK物件はどう?

お子さんがまだ赤ちゃんの0歳から3歳くらいでは1LDKで充分生活することができます。

メリット

新生児の間の夜間授乳がしやすく、赤ちゃんとすぐ近くにいられるためお世話がしやすいです。

一部屋で完結するように赤ちゃんのものを準備しておくことで動線が短く、お世話をする人の負担が少なくなります。また、家賃も低いため出費を抑えることができます。

デメリット

常に赤ちゃんが近くにいるため、一人の空間を確保することが難しくなります。

客間を用意することもできません。

寝室で子どもを寝かしつけた後に家事をしたくてもあまり大きな物音は立てられず、思うようにはかどらないこともあるかと思います。

 

スポンサーリンク

2DKはどう?

2DK物件の特徴を紹介します。

メリット

こちらは2部屋しっかりと確保されているため、寝室と子育て部屋と分けて生活することができます。

また、特に分けることを考えていない場合は片方の部屋を収納部屋にすることもできます。

キッチンとダイニングが一緒なので、食事の準備をしている時でも子どもの様子を見ながら行うことができます。

比較的家賃も低めです。

デメリット

部屋を一つ収納にすれば別ですが、収納が少なめではあります。

スポンサーリンク

3DKはどう?

こちらは子どもが2人以上や夫婦でそれぞれの部屋を持ちたい方にオススメです。

メリット

部屋数を確保することができるため、夫婦の部屋・子ども部屋・寝室・それぞれの部屋等分けて使うことができます。

また収納も確保されている物件が多いです。
荷物が多くても大丈夫ですし、子どもが大きくなっても対応することができます。

デメリット

部屋がしっかりと分かれるため、動線が悪くなる場合がある。

エアコンや暖房などの設備がすべての部屋に必要となると出費が多くなります。

 

スポンサーリンク

2LDKはどう?

2LDK物件の特徴をまとめました。

メリット

リビングが広く確保されているため、子どもや家族で過ごしやすい空間を作ることができます。
子ども部屋が欲しくなった場合も用意できるので、大きくなってからも対応できる間取りだと思います。

デメリット

人気の間取りということもあり、家賃は高めになっています。

リビングが大きい分、少し収納が減る印象です。

 

スポンサーリンク

3LDK以上

他の間取りに比べて広めの3LDK物件を紹介します。

メリット

部屋数や広さ、収納などきちんと確保されている物件が多いかとおもいます。

子どもが2人以上でも子ども部屋を確保したり、寝室を分けたりすることが可能になります。

客間も作る事ができます。

デメリット

家賃もかなり高くなってきます。

エアコン・暖房費もその分増えていきます。設置されていない部屋もあります。

 

スポンサーリンク

子供が生まれたら賃貸の間取りはどうする?まとめ

部屋数は欲しいけど家賃は押さえたいという方は3DKがオススメです。

赤ちゃんの間はとにかく家賃を抑えたい方は2DKで、などそれぞれ希望があると思います。
部屋の大きさによっても変わってきます。

その中でも今回はどんな風に選べばいいかを書いてみました。

それぞれメリットデメリットがありますので、自分たちがどんな生活をしていきたいかを明確にしていい物件と出会えるといいですね。

ママが気になる情報
スポンサーリンク
staffをフォローする
ママのお役立ち情報を発信中 きゃりーのママライフハック
タイトルとURLをコピーしました