マスク着用時の化粧はどうしてる?メイクする?しない?

ママが気になる情報

感染症対策として、通年マスク生活が続いています。

みなさん、マスク生活が続く中で、メイクはどうしてますか?

  • マスクで蒸れて崩れるからしたくない!
  • マスクを外す瞬間にスッピンで焦った!

意見が割れるマスク着用時のメイクについて、皆さんの意見をまとめながら紹介していきます♪

スポンサーリンク

マスクをする時の化粧はする?しない?

マスクをするときの化粧について、皆さんの意見をまとめてみました!

する派・しない派・ポイントメイク派に分かれるようです。

化粧をしない派の意見

SNS等で見かけた、化粧をしない派の意見は…

  • 基本スッピン。
  • スッピン隠しにマスクが便利。
  • 化粧が崩れるのが気になるからしない。
  • マスクで肌荒れが気になるから、メイクで負担をかけたくない。

こんな意見がありました。

感染症対策としてマスク着用が一般的になる以前も、スッピン隠しにマスクを使う方っていましたよね。

 

眉毛だけ派の意見

マスクで隠れているから、眉毛だけ書くという人も多かったです。

  • 口元が隠れるから、眉毛だけ書けばなんとかなる。
  • 眉毛だけでOKでメイクが超時短になった。
  • 目元はマツエクだから、眉毛だけで充分。

眉毛だけ派の人は、まつ毛エクステをしている人も多いようです。

 

眉毛+アイメイク派の意見

こちらも見えてる部分だけで済ませる派の意見です。

  • 眉毛とアイメイクで、見えているとこだけやる。
  • ファンデもつけない。眉毛書いてアイメイクも簡単に済ませる。

マスク生活が続く中で、化粧品の売上も減少したそうなのですが、アイメイク用品は売上好調だそうです。

以前よりラメやパールが協調されるものが人気のようですよ。

 

フルメイク派の意見

マスク生活でも、フルメイクという人もいます。

  • 食事で外したときにスッピンになることが恥ずかしい。
  • モチベーションがあがらないから、フルメイク!フル装備!
  • マスクを外した瞬間に、ブスって思われたくない。

マスク生活でも、外す瞬間って時々ありますよね。

そんなときにスッピンで恥ずかしい思いをした人もいるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

化粧をしてマスクをする場合

化粧をしてマスクをする場合の、メリットやデメリット、気を付けるポイントをまとめました。

 

メリット

  • マスクを外す瞬間も安心できる
  • ふいにスッピンを見せることがない
  • マスク生活でも化粧を怠らないアピール

気持ち的にはこんなメリットがあります。

それだけではなく、肌にもいいメリットがあるんです。

  • ファンデーションや化粧下地が肌を保護してくれる
  • マスクとの摩擦が軽減される
  • 過度な水分蒸発を防げる

肌にとっては、化粧をすることでマスク生活中だからこそのメリットがあります。

デメリット

化粧をすることのデメリットを紹介します。

  • マスクの摩擦で化粧が崩れると、肌を守るクッション効果がなくなる。
  • マスクに化粧がついてしまう

気をつけるべきポイント

マスク着用時に化粧をするなら、気をつけたいポイントを紹介します。

肌はナチュラルに仕上げる

ファンデーションや化粧下地は厚塗りするほど、崩れやすくなります。

なるべく薄めに、ナチュラルに仕上げるのがおすすめです。

ファンデーションの色がマスクに着きやすくなってしまうので、化粧下地+パウダーなどで仕上げるのもおすすめですよ。

 

目元はしっかりメイクがおすすめ

肌はナチュラルに仕上げたら、目元はしっかりめのメイクがおすすめです。

マスク着用時でも目元は普段通り見えています。

そして人は目元で表情を判断するので、マスクを着用しない以前のアイメイクか、少し濃いめがおすすめです。

マスク着用を意識したアイメイクのアイテムも増えているので、普段使わない色味や、ラメ入りやパール入りなど、華やかなものを選ぶのもおすすめです。

スポンサーリンク

すっぴんでマスクをするメリット・デメリット

すっぴんでマスクをすることのメリット、デメリット、気をつけたいポイントを紹介します。

メリット

  • 身支度の時短になる。
  • マスクへのメイク付着のストレスがない
  • マスクでの化粧崩れを気にしなくていい

すっぴんでのマスク着用のメリットは、上記のようなものが当てはまります。

 

デメリット

  • マスクと肌の摩擦のクッションになるものがなく、ダメージがダイレクトに伝わる。
  • 食事などでマスクを外すときにスッピンが見られる。

デメリットはこのようなものです。

マスクが直接肌にあたることになるので、摩擦ダメージが直接肌にあたります。

マスクの肌ダメージを減らしたい場合には、すっぴん肌よりも薄めに化粧をするのがおすすめです。

また、ふいに外す機会って時々ありますよね。
そんなときに、すっぴん姿を見られてしまうこともあります…。

気をつけるべきポイント

すっぴんでマスクをするなら、気をつけたいポイントは、マスクと肌が触れる摩擦のダメージを最小限にすること。

その中でも特に気をつけたいのが、保湿ケアです。

次の項目で詳しく説明しますね。

保湿ケアを入念に

マスクをしていると蒸れるので、保湿は大丈夫!と思われがち。

ですが、マスクをするときこそ、保湿ケアは入念にするのがおすすめなんです。

化粧をしていれば、マスクと肌の間でクッション効果がありますが、すっぴんでマスクをすると、摩擦によるダメージが直接肌に伝わります。

このダメージを最小限にするために、乾燥した肌よりも潤っている肌のほうがバリア機能があります。

さらに、マスクで蒸れているのは事実ですが、マスクを外す瞬間に蒸気が放出され、そのときに必要な水分も飛んで行ってしまうので、マスクをしていないときより乾燥してしまうんです。

肌荒れの原因にもなるので、保湿ケアは入念にしましょう。

紫外線対策も忘れずに

マスクをするとき、ついつい紫外線対策を怠ってしまうことってありませんか?

紫外線はマスク生活中でも一定量出ています。

いつも通りの紫外線対策をすることがおすすめです。

 

スポンサーリンク

マスクをする時の化粧はする?しない?まとめ

私自身も、マスク生活になって、化粧品の減り具合がだいぶ少なくなりました。

目元は大体いつもまつ毛エクステなので、眉毛を書けば外出出来ちゃう!

マスク楽ちんだなぁ~

なんて思っていたのですが、最近特に摩擦によるこすれが酷くて、肌がボロボロなんです…。

そういえばファンデーションもたまにしか付けなくなったので、肌にとってダメなことばかり…。

とはいえ、ファンデーションをして蒸れたときのお直しが面倒なので、私はやっぱりメイクはしない派です。

でも、これからはなるべく肌への負担を減らす努力をしたいなぁーと感じました。

まだまだ続きそうなマスク生活ですが、快適に過ごせる方法を考えていきたいですね♪

ママが気になる情報
スポンサーリンク
staffをフォローする
ママのお役立ち情報を発信中 きゃりーのママライフハック
タイトルとURLをコピーしました