沖縄旅行コロナでどうする?影響や検討するポイントは?行くなら対策はこれ!

ママが気になる情報

こども達の夏休みも始まり、8月に沖縄旅行に行こうと思っていたけど、新型コロナウイルスの第二波で、緊急事態宣言が出てしまい、行くべきか止めるべきか悩んでいるという方は結構いるのではないでしょうか?

きゃりー
きゃりー

実は我が家もそうなんですよ。

そこで、今日は、緊急事態宣言が出た沖縄旅行に行くべきか止めるべきかの判断するポイントをいくつかご紹介します。

これを見た上で、沖縄旅行に行くか止めるか、一緒に行かれる家族やお友達と協議してはいかがでしょうか?

この記事では、

・緊急事態宣言の内容
・ホテルや航空券のキャンセル料金
・沖縄の病床率もし行くならの対策・・・
・ホテルはやめてエアビーという選択
・屋外でほぼ過ごす
・空港までの行き方を考慮
をご紹介します!
スポンサーリンク

沖縄旅行コロナでどうする?検討ポイント

新型コロナウイルス感染拡大第二波が来ていて、沖縄は独自の緊急事態宣言を出した中、沖縄旅行に行くかやめるか検討するポイントをいくつかご紹介します。

検討ポイント①沖縄緊急事態宣言の内容

緊急事態宣言が出ている中、沖縄旅行に行くかどうかの検討ポイント①は、沖縄の緊急事態宣言の内容です。

7月31日に沖縄県が独自の緊急事態宣言を発表しました。
その内容を簡単に紹介します。

・期間は2020年8月1日〜15日

・外出自粛を要請

・歓楽街(那覇市松山地域)の営業時間短縮AM5:00-PM10:00)

・県外からの沖縄訪問は慎重に判断を要請

離島への渡航を自粛要請

イベント中止/縮小を要請

引用元:沖縄緊急事態宣言

ここからわかることは、沖縄に行っても・・・

・自由に外出できない

・外食をするところが少ない(夜の店はほぼ営業していない)

・離島にはいけない

・観光名所にいけない

きゃりー
きゃりー
沖縄に行っても楽しめる場所がかなり少ないですね・・・

検討ポイント②ホテルや航空券のキャンセル料金

沖縄旅行をコロナの第二波でどうするかという検討ポイント②は、ホテルや航空券のキャンセル料金です。

すでに出発が迫っていて、ホテルや航空券のキャンセル料金が発生してしまうために無理してでも行きたいという方もいるかと思いますが、実は、今回コロナウィルス感染の第二波がきているということで、キャンセル料金を猶予してもらえることがあるのです。

実際、我が家も予約しているホテルに電話したら、規約上のキャンセル料金発生日は無視をして直前まで検討できるようにしてもらいました。

また、航空会社も同じような対応をしていて、これを公式ホームページに載せている場合もあります。

今回は、「沖縄県が独自の緊急事態宣言を出した」という事実があるので、キャンセル料金が発生する日を猶予してもらえる余地があります。

もし、キャンセルしたいけど、キャンセル料金が発生するから無理してでも行こうと思ってる場合は、一度、予約している航空会社やホテルに問い合わせをしてみてください。

検討ポイント③沖縄の病床率

沖縄旅行に行きたいけど、緊急事態宣言が出てしまいどうしようか迷っている方に、検討ポイント③、沖縄の病床率です。

病床率とは、入院するベットの空き状況で、新型コロナウィルスで入院する場合は隔離などの措置が必要となるため、通常の入院先とは別の特別な措置が取られていることが多いです。

パーセンテージが高いほど、ベットが埋まっているということで、沖縄の7月31日の病床率は、104%を超えています。

31日時点の県内病床率は104・2%となり、県内医療体制は逼迫(ひっぱく)した状況にある。県によると、約20人の無症状の患者が入院待機状態にある。県の大城玲子保健医療部長は「100%を超えたということは(患者を)収容できない状況に陥っているということだ」と危機感をあらわにした。

琉球新報

ということは、沖縄でもし新型コロナウイルスに感染してしまったら、入院するベットが足りなくて必要な治療が受けられないかもしれないというリスクがあるということです。

また、もっと状況が深刻化したら、医療崩壊が起き、通常なら軽度ですむ治療が受けられず病状が悪化するなどの心配もあります。

正直なところ、ここが沖縄旅行に行くかどうかの一番の検討ポイントかと思います。

 

スポンサーリンク

沖縄旅行コロナでどうする?もし行くならこうするべき!

上記でお伝えした検討ポイントを考慮した上で、沖縄旅行に行くという選択をするなら、こうした方が良いというポイントをお伝えします。

沖縄旅行行くなら①ホテルはやめてエアビー

沖縄旅行にもし行くなら、ホテルなどの不特定多数の人が集まる場所でなく、一個一個が孤立しているヴィラや一軒家などに宿泊するのを選択肢に入れるのをオススメします。

民泊で有名なエアビーでは、一軒家を丸っと一個貸しているところも多いです。民泊というと民宿のようなイメージかもしれませんが、ホテルと引けを取らないラグジュアリーなところも多いです。

また一軒家やヴィラなどはキッチンが付いている場合が多く、外食を減らすことができます。

ホテルに泊まるにしても、出来るだけ孤立した部屋などを選ぶのをオススメします。

きゃりー
きゃりー

費用はかかってしまいますが、安全には代えれないですね・・・

沖縄旅行行くなら②ほぼ屋外で過ごす

コロナ第二波が来ている中、沖縄旅行に行くと決めたなら、出来るだけ屋外で過ごすことをオススメします。

一番良いのがビーチですね。
広い空間で他の人と距離を空ける事ができます。

そのほかにも、屋外のプール食事に行くとしても屋外のテラス席を選んだりテイクアウトして外で食べたり、出来るだけ密封した空間を避けると感染リスクが抑えられるかと思います。

沖縄旅行行くなら③空港までの行き方を考慮

もし沖縄旅行に行くと決めたなら、家から空港まで、空港から宿泊先までの経路を出来るだけ公共交通機関に頼らず、車で行くことをオススメします。

飛行機の中は、自分では対策ができないので、出来るだけ他の人との接触を避けるなら、空港までも自家用車やタクシーで行くのが一番安全になるかと思います。

また、空港でも滞在時間は出来るだけ短くなるようにした方がいいですね。

とはいえ、飛行機に乗り遅れそうなギリギリに行くわけには行かないので加減が難しいですね。

 

スポンサーリンク

沖縄旅行コロナでどうする?まとめ

今日は沖縄旅行コロナでどうするか?検討ポイントともし行くなら気をつけるポイントと対策をまとめました。

・緊急事態宣言の内容
・ホテルや航空券のキャンセル料金
・沖縄の病床率

もし行くなら・・・
・ホテルはやめてエアビーという選択
・屋外でほぼ過ごす
・空港までの行き方を考慮

きゃりー
きゃりー

せっかく楽しみにしていた沖縄旅行・・・。
しっかり検討して各自で判断をしてください。

ママが気になる情報
スポンサーリンク
carrieをフォローする
ママのお役立ち情報を発信中 きゃりーのママライフハック
タイトルとURLをコピーしました