警告の中国人医師プロフィールや拘束された経緯は?逝去して中国では英雄!新型肺炎/コロナウィルを早期からネットで拡散

新型肺炎/コロナウィルス

「SARSの再来だ」と新型肺炎/コロナウィルスを早期から警告し、ウソの情報を中国に広めたとして一時拘束されていた中国人医師が自らも新型肺炎に感染し亡くなったというニュースが流れてきました。

今、ツイッターなどでは「#警告の医師死亡」と話題になっています。

今日は、

・中国人医師のプロフィール
・拘束までの経緯
・発症から死去までの経緯
・中国で英雄扱い

をご紹介します。

スポンサーリンク

亡くなった中国人医師のプロフィール

名前:李文亮(Li Wenliang)
年齢:34歳
住所:湖北省武漢市在住
勤務先:武漢中央病院勤務
職業:眼科医

2020年2月7日午前2時58分(中国時間)逝去

スポンサーリンク

中国人医師の拘束までの経緯

2019年12月30日
武漢市で7人の患者
が出ました。
全員が海鮮市場の地元の人で深刻な肺炎かSARSだと診断されました。

李医師は中国のSNS微信で、同僚の医師に感染拡大しているという警告のメッセージを送り、防護服の着用をして感染を防ぐようにとも言っています。

それから4日後、中国公安局の職員が李医師を訪れ、書類に署名するよう求めました。「社会の秩序を著しく乱す」「虚偽の発言をした」として李医師を告発する内容でした。

スポンサーリンク

中国人医師の発症から死去まで

中国人の李医師が発症してから死去するまでの経緯です。

2020年1月10日
李医師は、1月10日に咳をし始めて、翌日には発熱しました。

2020年1月12日
李医師は入院することになります。
李医師の両親も体調を崩し、病院へ搬送されたそうです。

2020年1月20日
中国政府は新型ウイルスのアウトブレイクについて、緊急事態を宣言しました。

李医師は、コロナウイルスの検査を複数回受けたが、いずれも陰性でした。

2020年1月30日
李医師に新型コロナウィルスの陽性反応が出ます。

2020年2月7日午前2時58分(中国時間)
逝去されました

スポンサーリンク

中国で李医師は英雄

中国では、李医師は自らを犠牲にして世間に真実を広めようとした英雄だと言われています。

 

新型肺炎/コロナウィルス
スポンサーリンク
carrieをフォローする
ママのお役立ち情報を発信中 きゃりーのママライフハック
タイトルとURLをコピーしました