【多摩川高校生死亡】高校名・画像は?ツイッターやインスタは?穏やかな河川の危険性とは?多摩川で起きた過去の事件

ママが気になるテレビ

2019年12月19日、高校生がラップバトルの罰ゲームとして、多摩川に飛び込み死亡するという痛ましい出来事がありました。

まだ情報が少ないこの出来事ですが、

・高校生が多摩川で死亡した報道の概要
・飛び込んだのは多摩川のどこで?
・死亡した高校生のプロフィール
・穏やかに見える河川の危険性
・いじめではないと報道
・ラップバトルとは?
・多摩川で起きた過去の事件
をまとめました。
スポンサーリンク

【多摩川高校生死亡】報道の概要

いくつかのニュースをまとめた概要です。

2019年12月19日夜、多摩川の橋脚から、川崎市内の高校1年生の太田羅月さん(16)が飛び込んで死亡。
太田さんは、中学時代の同級生ら5人と「最下位になった人が橋から川に飛び込む」というルールを決めて、河川敷でラップを競い合うラップバトルをしていました。
12月19日21時半ごろ、河川敷から橋桁の下の部分を伝って川の中腹の橋脚まで行き、服を脱いで、自らおよそ5メートルの高さから川に飛び込みました。
「しばらく泳いでいたがその後、沈んだ」
同級生がスマートフォンで撮影した動画が残っていて、飛び込みを強要されたり、周囲からはやしたてられたりする様子は確認されていないということです。
前日の18日にも、このグループの別の少年(16)が川に飛び込んでいたとの情報がある。

 

スポンサーリンク

【多摩川高校生死亡】多摩川のどこ?

場所は、多摩川大橋と報道されています。

多摩川大橋
住所:〒212-0052 神奈川県川崎市幸区古市場2丁目

スポンサーリンク

【多摩川高校生死亡】プロフィール(名前・年齢・住所・高校名・SNSアカウント)

名前:太田羅月(おおたらつき)

年齢:16歳 (2003年生まれ)

出身地(住所):川崎市川崎区小田栄

高校名:不明

twitterやInstagramなどのSNSアカウントは不明でした

顔写真なども現在のところ不明です

スポンサーリンク

【多摩川高校生死亡】穏やかに見える河川の危険性

高校一年生の太田羅月さんが多摩川に飛び込んで死亡するという痛ましいこの出来事。
高校生たちは、一見穏やかに見える多摩川の怖さを知らなかったのでしょう。

泳げるから大丈夫だと思ったのかもしれません。
そこで、穏やかに見える河川の危険性を調べてみました。

まず、川の怖さは「流れ」ではなく「深み」だそうです。

「川には流れがあるから危険」だと思われている方が多いかと思います。
でも真に怖いのは急な深みで、その深みにはまって呼吸ができなくなり、人は溺れるのです。

川では歩けるほどの浅い所と急に深くなっている所とが極端にわかれます。それが川の怖さです。

引用元:子供に危険な水辺はどこ? 水難事故死が一番起きる河川の怖さ

また一見、穏やかに見える大きな河川というのは、むしろ危ないようです。

大きな川になるほど流れが緩やかになり、それほど危険を感じなくなります。しかし、流れが穏やかということは水深が深く、むしろ危険性が高くなります。

引用元:子供に危険な水辺はどこ? 水難事故死が一番起きる河川の怖さ

悪ふざけで飛び込むなんて、冗談ではすまされないですね。

スポンサーリンク

【多摩川高校生死亡】飛び込みはいじめではない?

高校生の太田羅月さんが多摩川に飛び込んで死亡した時の状況を、同級生がスマートフォンで撮影した動画が残っていて、飛び込みを強要されたり、周囲からはやしたてられたりする様子は確認されていないということが報道されています。

報道から「いじめという雰囲気ではなかったのではないか」と言われています。

また自ら服を脱いで飛び込んだ、という情報もあるので、その場のノリで飛び込んでしまったのでしょうか。

前日の18日にも、同じグループの別の男子生徒が飛び込んだという情報もあるので、もしかしたら飛び込むのは初めてではなかったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【多摩川高校生死亡】ラップバトルとは?

「ラップバトル」は「MCバトル」とも呼ばれ、ヒップホップ文化の一つ。

主に「ラッパーが一対一でフリースタイルのスキルを競い合い、勝敗を付けること」を指します。

ジャッジ(勝敗の審査)は数人の判定員もしくは観客の投票により行われ、即興性、内容、ディス、韻、フロウ」などを総合して判定される

スポンサーリンク

【多摩川高校生死亡】ラップバトルに関してZeebraのツイート

日本語ラップの草分け的存在であるZeebraさんがツイッターで今回の多摩川高校生死亡事故を受けて、連続ツイートしました。

スポンサーリンク

【多摩川高校生死亡】多摩川で起きた過去の事件

多摩川で起きた高校生や中学生が死亡した過去の事件をご紹介します。

多摩川高校生水死事件

多摩川高校生水死事件は、2009年7月、東京都大田区の多摩川にて、高校生2名が友人らに川へ突き落とされて水死した事件。

当初、事故死と処理されていたが、水死した高校生の父親が、一緒にいた友人が突き落とされて溺れる二人の様子を携帯電話で動画撮影していたことを突き止めて、警察に被害届を出したことから事件に発展した。

 

川崎市中1男子生徒殺害事件

2015年2月20日に、川崎市川崎区港町の多摩川河川敷で13歳の中学1年生の少年Xが殺害された上に遺体を遺棄され、事件から1週間後に少年3名が殺人の疑いで逮捕された少年犯罪。

この事件は凄惨な少年犯罪として有名。

スポンサーリンク

【多摩川高校生死亡】のまとめ

・高校生が多摩川で死亡した報道の概要
2019年12月19日夜、多摩川の橋脚から、川崎市内の高校1年生の太田羅月さん(16)が飛び込んで死亡。ラップバトル最下位の人が飛び込むというルール。太田さんが自ら服を脱いで飛び込んだ。「しばらく泳いでいたがその後、沈んだ」

・飛び込んだのは多摩川のどこで?
多摩川大橋
住所:〒212-0052 神奈川県川崎市幸区古市場2丁目

・死亡した高校生のプロフィール
名前:太田羅月(おおたらつき)
年齢:16歳 (2003年生まれ)
出身地(住所):川崎市川崎区小田栄
高校名:不明
twitterやInstagramなどのSNSアカウントは不明でした。

・穏やかに見える河川の危険性
川の怖さは「流れ」ではなく「深み」
穏やかに見えるということは水深が深いということ

・いじめではないと報道
飛び込んだ時の動画があり、飛び込みを強要されたり、はやし立てられてはいないので、いじめという雰囲気ではなかったのではないか、と言われている。

・ラップバトルとは?
「ラッパーが一対一でフリースタイルのスキルを競い合い、勝敗を付けること」

・多摩川で起きた過去の事件
多摩川高校生水死事件
川崎市中1男子生徒殺害事件

亡くなった太田羅月さんのご冥福をお祈りします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ママが気になるテレビローカル情報川崎
スポンサーリンク
carrieをフォローする
ママのお役立ち情報を発信中 きゃりーのママライフハック
タイトルとURLをコピーしました