となりのチカラ/おもしろい?つまらない?世間の評判は?

エンタメ

「となりのチカラ」は、2022年1月20日(木)21:00にスタートしたテレビ朝日系のドラマです。

このドラマの主演は松本潤さん。

 

奥さん役に上戸彩さん、同じマンションの住人に松嶋菜々子さんや小澤征悦さんという
豪華キャストの社会派ホームコメディドラマで、始まる前から話題になっていました。

ところがスタートしてみると、
「つまらない」「あまりおもしろくない」
という口コミや評判があるようです。

 

きゃりー
きゃりー

「となりのチカラ」はおもしろい?それとも本当につまらないの?


世間の評判は実際どうなのか調べてみました。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

となりのチカラ/おもしろい・つまらない理由

「となりのチカラ」が「おもしろくない」とか「つまらない」と言われている理由はなんでしょう。

「あまりおもしろくない」「つまらない」と言われてしまう理由に、

  • ナレーションがおもしろくない
  • なんだか上から目線
  • 俳優陣は豪華なのに内容が微妙

などが挙げられています。

 

きゃりー
きゃりー

そこで、1つずつ検証してみました!

ナレーションがおもしろくない

まずは「ナレーションがおもしろくない」についてです。

「となりのチカラ」は都内にあるマンションが舞台になっています。

そのマンションの住人たちのすべてを目撃している猫(我輩)が
状況を説明するナレーションが入ります。

そのナレーションがおもしろくない、嫌という声があがっています。

 

確かに松本潤さんの心の声まで猫が語るので、
ナレーションがいらないと言われてしまうのはわかります。

 

ナレーションがあるのが嫌という人とは逆に、
そのナレーションの声に好印象の人もたくさんいました。

猫の声を担当しているのは俳優の田中哲司さんです。

ドラマの内容がセンシティブなので、
猫が語る田中哲司さんのナレーションの声に癒される人が増えていきそうです。

 

なんだか上から目線

「となりのチカラ」の脚本は遊川和彦さん。

過去の作品は

  • 家政婦のミタ」
  • 「過保護のカホコ」
  • 「同期のサクラ」
  • 「35歳の少女」

など、現代の社会問題を強烈な個性あふれるキャラクター設定で描くのを得意としていますが、
遊川さんの脚本を上から目線と取る声もあります。

 

また、原作のない遊川さんのオリジナルのストーリーのため、
話の展開が読めずイライラする人や、
松本潤さん演じるチカラ君(主人公)の優柔不断な性格にイライラする人もいるようですね。

 

俳優は豪華なのに内容が微妙

初回のスペシャルゲストに俳優の佐藤浩市さんが登場したのを始め、
マンションの住人に松嶋菜々子さん、小澤征悦さん、風吹ジュンさん、
なにわ男子の長尾謙杜くんと超豪華です。

それなのに内容が微妙と言われてしまうのはなんででしょう。

 

同じマンションの住人の悩みを解決し絆を深めていくというストーリーが、
DVや虐待、ヤングケアラーなどテーマが重く、単純に楽しい!おもしろい!
と観る内容ではないのが微妙と言われてしまう理由と言えそうです。

 

スポンサーリンク

となりのチカラおもしろい?つまらない?世間の評判は?まとめ

今回は、「となりのチカラ」はおもしろいのか?つまらない?
世間の評判はどうなのか調べてみました。

 

猫が語るナレーションが気になったり、
話の展開が読めずイライラしたり、
現代の重めの社会問題がテーマということもあって、
おもしろいのかつまらないのか今のところ意見が割れているようです。

 

公式サイトを見ると社会派ホームコメディとあるので、現代社会の問題と向き合う中で、
少しほっこりした気持ちになるシーンが描かれることを期待します。

 

まだ始まったばかりの「となりのチカラ」。

これからの展開が予想できないので、
つまらないと見るのを辞めてしまっては後悔することになりそうですよ。

エンタメ
スポンサーリンク
ママのお役立ち情報を発信中 きゃりーのママライフハック
タイトルとURLをコピーしました