正中線/妊娠線は産後いつまで消えない?いつから出てくる?原因や対策は?

ママが気になる情報

妊娠してお腹が大きくなってくると気になるのが正中線妊娠線

やっぱりお腹に目立った線が入るのは気になるし、早く消えて欲しいと思いますよね。

 

きゃりー
きゃりー

ところで正中線と妊娠線の違いってご存知ですか?

 

混同されやすいこの2つですが、実はまったく違うものなんです。

この記事では、妊娠線と正中線の違いや、出てくる時期、それぞれの正しいケア方法について解説します!

 

スポンサーリンク

正中線と妊娠線の違いとは?

正中線は妊娠中に現れるおへそを中心に上下に伸びた茶色っぽい線のことです。

色が変化しているだけなので、触っても他の部分の皮膚との違いはありません。

実は、正中線自体は男女問わず生まれつきあるものなのですが、妊娠してお腹が大きくなるにしたがって目立つようになってきます。

一方、妊娠線は、急激な体形変化によってできた皮膚のひび割れで、触ると凹凸があります。

お腹だけでなく、太ももやおしり、胸や二の腕にできる人もいます。

 

スポンサーリンク

正中線・妊娠線の原因は?

正中線と妊娠線、いずれも妊娠をきっかけにお腹に出てくるものですが、その原因はそれぞれ異なります。

正中線が出てくる原因は、「ホルモンバランスの変化」と「お腹の皮膚が薄くなること」です。

妊娠してホルモンバランスが急激に変化すると、体内のメラニン色素の分泌量が増大します。

加えて、お腹が大きくなることで皮膚が伸びて薄くなり、正中線が目立つようになるのです。

 

一方、妊娠線は「急激な体形変化」と「コラーゲンの減少」が原因でできるものです。

急激な体型変化が起こると、その変化に皮膚の伸びがついていけなくなることがあります。

特に妊娠中はコラーゲンの生成を減少させるステロイドホルモンの分泌が増えるので、
皮膚の弾力が低下して、より断裂が起こりやすい状態になります。

 

スポンサーリンク

正中線・妊娠線はいつから出てくる?

正中線・妊娠線ともに妊娠5カ月くらいから出てきはじめる人が多いようです。

 

きゃりー
きゃりー

お腹が急速に大きくなる妊娠中期以降に出てくるんですね!

とはいえ、体重増加やお腹が大きくなる時期は人それぞれ。

 

当然、正中線や妊娠線が出てくる時期やその程度にもかなりの個人差があります。

 

スポンサーリンク

正中線・妊娠線は産後いつまで消えない?

こちらも個人差が大きいのですが、正中線は生後半年~2年くらいで自然に消えます。

残念ながら、妊娠線に関しては1度出来てしまうと完全に消すことはできません。

ただし、時間の経過とともに目立たないようにはなっていきます。

セルフケアで、できてしまった妊娠線を薄くしたというママも多いんですよ♪

 

スポンサーリンク

正中線のケア方法は?

正中線は自然に消えるものなので、ママ本人が気にならなければ何もしなくてもOKです。

とはいえ、「少しでも早く消したい!」という気持ちもわかります。

そんなママは次のことを試してみてくださいね!

 

クリームやオイルで保湿する

まずはしっかりと保湿して肌を健やかな状態に保つことが大切です。

産前・産後のママは肌の状態もデリケートなので、
できるだけ刺激の少ないクリームやオイルを使うようにしましょう。

 

きゃりー
きゃりー

妊娠線予防クリームは正中線ケアにもおすすめですよ!

肌のターンオーバーをサポートする成分が配合されているものを選べば、
より正中線への効果が期待できます。

肌のターンオーバーをサポートする成分

  • 葉酸
  • ビタミンC誘導体
  • EGF様成分 など

 

お腹を温めて血行を促進する

お腹を温めて血行を良くすることも効果的です。

  • クリームを塗りながらマッサージ
  • 入浴時は湯船に浸かる
  • 腹巻などを身に付ける

などを取り入れてみてください。

身体が温まると寝つきも良くなるので、
睡眠の質が低下しがちな産前・産後ママには本当におすすめですよ!

 

食事・生活習慣に気をつける

産後、ママのホルモンバランスを整っていくと正中線は自然に消えていきます。

そのためにはバランスの良い食事規則正しい生活が重要です。

食事に関しては以下の栄養素を積極的に摂るように意識してみてください。

  • タンパク質(肉、魚、卵、大豆、乳製品など)
  • ビタミンC(野菜、果物など)
  • ビタミンA(レバー、ウナギなど)※
  • ビタミンB群(豚肉、納豆、カツオなど)
  • ビタミンE(ナッツ類など)
  • 亜鉛(牡蠣、赤身肉など)

※妊娠中はとりすぎ注意

赤ちゃんのお世話で忙しい時期ですが、睡眠も大切です。

赤ちゃんのお世話をパパに変わってもらったり、お昼寝をしたりして、
可能な限り睡眠時間を確保するようにしましょう。

睡眠時間の確保が難しい場合は、身体を温めたり、アロマを取り入れたりして
睡眠の質を高める工夫をしてみましょう。

 

スポンサーリンク

妊娠線のケア方法は?

妊娠線は一度できてしまうと消えないので、まずはできないように予防することが第一です。

とはいえ、妊娠線ができてしまっても目立たなくしていくことは可能です。
諦めずにケアを続けましょう。

 

妊娠中期からケアを開始する

お腹が大きくなる妊娠後期以降に妊娠線ができる人も多いのですが、
できるだけ早いうちからクリームなどを塗ってケアするようにしましょう。

安定期に入った妊娠5カ月くらいからケアを開始するのがおすすめです。

お腹が少しずつ大きくなり始める時期なので、しっかりとケアしましょうね!

 

急激な体重増加に気をつける

妊娠線ができる最大の原因は「急激な体形変化」です。

適切な体重コントロールを行うことで、妊娠線ができるのをある程度防ぐことができます。

特に、食べづわりの時期、つわりで食べられなかった人がつわりから解放された時期は注意が必要です。

 

妊娠線予防クリームを使う

妊娠線の予防には保湿も大切です。

普通の保湿クリームよりも割高にはなりますが、
やはり妊娠線予防に特化したクリームを使うのがおすすめです。

皮膚に弾力を与えて伸びの良い状態に導いてくれますし、
デリケートな妊婦さんの肌にもやさしい処方になっています。

 

妊娠線ができてしまったらアフターケア商品を使う

妊娠線ができてしまった場合にも、諦めずにケアを続けることが大切です。

妊娠線のアフターケアには「ノコアアフターボディトリートメントクリーム」がおすすめです。

同じシリーズのブースターオイルとセット使いすることで、
浸透力がUPし、しつこい肉割れにアプローチしてくれます。

↓「ノコアアフターボディトリートメントクリーム」の詳細情報

 

スポンサーリンク

正中線・妊娠線それぞれに合ったケアをしよう!

正中線と妊娠線は混同されがちですが、全く異なるものです。

正中線はホルモンバランスの変化によって出てくる線で、
産後半年~2年くらいで自然に消えていきます。

あまり神経質になりすぎず、保湿と規則正しい生活を心がけていけばOKです。

妊娠線は急激な体形変化によってできた肉割で、
一度できてしまうと完全には消えません。

体重コントロールに加え、妊娠中期からのスキンケアで予防することが大切です。

できてしまった妊娠線もケア次第で目立たないようにはできるので、
専用アイテムをつかって諦めずにケアしていきましょうね!

それぞれに合ったケアをして、ツルツルのお腹を取り戻しましょう!

 

 

 

ママが気になる情報
スポンサーリンク
staff2をフォローする
ママのお役立ち情報を発信中 きゃりーのママライフハック
タイトルとURLをコピーしました