夏休みはなぜ長い?その理由と地域差についてご紹介!

暮らし

待ちに待った夏休み!!

子ども達は、大喜びですよね。

春休み、冬休など長期間の休みはいくつかありますが、なぜこんなに夏休みだけ長いんだろう?

と思っている方も多いのではないでしょうか?

私も、娘に『なんで夏休みは長いの?』と聞かれた事があり、うまく答えが出ませんでした。

今回は夏休みがなぜ長いのか、地域によって夏休みの長さは違うのかをまとめてみました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

夏休みはなぜ長い?

夏休みの日数は、誰が決めているのでしょう。

各学校で決めているのかな?

いいえ、違います。

夏休みの日数は、公立の場合、市町村の教育委員会で決めています。

夏休みはなぜ長いのか、何個か理由を挙げてみました。

 

冷暖房設備がないから

そもそも、夏休みが始まった理由が暑いからって事だったんですよね。

暑くて勉強なんて出来ない!

ってことから、夏休みが始まったと言われているんですよ。

年々、夏の暑さが増していますよね。

ここ最近は私が住む東北でも30度超えは普通です。

気温上昇に伴って冷暖房を完備し始めた学校も多いですよね。

冷房を使用することによって、夏休みの期間を短縮するようになった学校もあるようです。

 

お盆休みがあるから

お盆は、昔から伝わる習慣で、ご先祖様供養のための夏の行事です。

遠方の実家に帰省したりなど、親戚同士が集まり、お墓参りをします。

そのため、お盆に合わせて夏休みが出来たそうですよ。

 

課外学習の機会だから

長期の休みを利用して、普段出来ない事にも色々挑戦したいですよね。

旅行や、自由研究など夏休みを利用して、たくさんの課外学習に挑戦出来ますね。

留学にも良い期間ですね。

欧米諸国の影響

欧米は平均して2~3ヶ月夏休みがあるそうです。

明治時代、教師として外国人の先生が来日しました。

当時に日本には、夏休みがなく先生達からの要求もあり、そこから夏休みが出来たそうですよ。

スポンサーリンク

夏休みの長さは地域によって異なる

夏休みは地域によって異なります。

都道府県によって、長さが一律なわけではありません。

一番長い地域と一番短い地域では、20日ほど違いがありました。

では、地域によって、どのくらい差があるのでしょうか?

各都道府県の平均で見てみました。

夏休みが長い地域

夏休みが長い地域は、中部地方、四国地方、九州地方でした、

暖かい地域は、夏休みも長いのでしょうね。

 

夏休みが短い地域

夏休みが短い地域は、北海道、東北地方、長野県です。

北海道、東北地方は冬休みが長くて、夏休みが短いといった傾向になってました。

長野県に関しては、学校生活の中で、キャンプや登山などの自然活動などを行っていることから、授業日数が多いようです。

スポンサーリンク

夏休みはなぜ長い?まとめ

長いと思っている夏休みも、始まってしまうとあっという間ですよね。

夏休みは、欧米の影響もあり明治時代から始まりました。

暑くて学習出来ないので、休んでしまいましょう!!うらやましいです。

長期の休みを、課外学習の経験や、故郷に帰省する機会にする人が多いです。

親としては、大変ですがせっかくのお休みをみんなで楽しめると良いですね♪

暮らし
スポンサーリンク
ママのお役立ち情報を発信中 きゃりーのママライフハック
タイトルとURLをコピーしました