幼稚園・保育園グッズを手作りできない!お裁縫ができない人はどうする?

幼稚園・保育園

入園の準備を進める上で、一番の関門はこの ”手作りしないといけない布系” ではないでしょうか?

私も自身の子供の入園説明会の前から、やっぱり手作りなのかな?

早く言ってくれないと準備に時間を取れないよ〜

園によって規定も違うみたいだから先回りで準備できないし〜

とドキドキし、規定をもらってからも布を買ったり、作り方を調べたり…とそれぞれのハードルが高くやっと腰をあげるまで時間がかかり、ととにかく精神的に負担が大きかったことを覚えています。

そんなお母様方の肩の荷が少しでもおりるように、ここでは様々な園バッグの作成方法や、裏技、ヒントになるアイデアを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

幼稚園グッズを簡単に手作りする裏技

幼稚園グッズを簡単に手作りする方法から紹介します。

手作りキットを使う

作りたいグッズの材料がすべてそろっている、手作りキットが売られています。

今の世の中便利なもので溢れていますね。
なんと生地の裁断までしてあってあとは縫うだけだなんて!

キットになっている分お高いんじゃないの?
と思うかもしれませんが、布を買って裁断すると必ず布は余ります。

あと、買いに行く交通費、時間、慣れない裁断…それらを子連れで遂行する様子、想像しただけでギャーッてなりませんか?
それらを省略できると考えると、お得ですよね!

手縫いor裁縫用ボンドで作成

縫うだけって言ったってミシンがない場合どうすればいいの?
という方、手縫いでもできます。

意外と心が休まる単純作業って好きな方多くないですか?私もその一人です。

でもそんなチマチマ静かな時間まとまって取れるかー!とお思いの方、裁縫用ボンドって知ってますか?

色々な種類が出ていますが、裁縫用のボンドは洗っても取れにくく、頑丈に接着が出来ます。

ボンドの普及で、この先ミシン業界大丈夫かと心配になるくらい使えます。

初期費用、手間、仕上がり、置き場所も取らない等、利点をあげ出すとキリがありません。

 

私も少し前(バッグを手作りした後)に購入し、二人兄弟のお散歩バッグを手作りしたんです。
どうしてもっと早くこれを導入しなかったのかと激しく後悔しました。

市販品にワッペンやリボンをプラス

さらにハードルの低い方法は、シンプルな市販品を購入し、ワッペンやリボンをプラスするという方法です。

好きなキャラクターや柄を選ばせてあげてもいいですし、裁縫用ボンドで貼るだけなら、親子で作ることも可能ですよね。世界にひとつだけの通園バッグの完成です!

スポンサーリンク

幼稚園グッズを手作りできない場合は外注もあり

手作り出来ない場合には、人の手を借りる方法もおすすめです。

祖母や得意なママ友などにお願いする

個人的にはこれが一番やりたかった方法です。

金銭的負担が少なく、手間暇かけずに好みの物をお願いできるんですから!

 

手芸店に頼む

手芸店でも作成サービスを行っているところが多いです。

市販のキットでは、思っているような布の柄やサイズがない場合など、オーダーで作ってもらえるとても便利なサービスですよね。布を購入して作成をお願いすると、割引になるサービスもあるようですよ!

 

ミンネやメルカリなどサイトを利用

手作り品を販売、購入できるサイトやアプリも活用できます。実は私もバッグは手作りしたんですが、上履き袋とコップ袋は手作り品を購入しました。

場合によっては、注文してから納品されるまで時間がかかる場合もあるので要注意です!



これならできそうかも、と思える方法はあったでしょうか?

この多様性を認め合える時代、家事も子育ても、無理せず自分に合ったやり方で乗り越えていきましょう!

 

幼稚園・保育園
スポンサーリンク
staffをフォローする
ママのお役立ち情報を発信中 きゃりーのママライフハック
タイトルとURLをコピーしました